刺激を求めてAV出演したアラサー熟女 さやか 30才 ラブホ従業員のハメ撮り!熟撮り36

シロウトTV
この記事は約3分で読めます。

いわゆる『アラサー』と呼ばれる世代のさやかさん。

30才で結婚もせず、普段は新宿の繁華街にあるラブホテルに勤務している。

私生活では付き合っている男性はいるが、

その彼氏に結婚する気は毛頭ないという。

それも含めて、彼女にとって毎日が満たされない日々の連続なのである。

現在、働いているラブホテル従業員も、そんな不毛な日々を変えるためのものだった。

「ラブホテルで働いていた友達が居て、その娘が『よく変態カップルたちが、自分たちのセックスを見てほしい』みたいなことを言ってくるというので、ちょっと働いてみようと思ったんです。昔からそういうのに興味ありましたから(笑)」

そんな興味だけで始めた仕事だったが、

そのような機会にほとんどめぐり会うことなく2年が過ぎた。

彼女の過去の話を聞くと、『退屈』が異常に耐えられない性格というのが分かってくる。

「小さい頃からそうなんですけど、毎日、刺激がほしいっていうのと、あとスケジュールに空白があると不安になるんですよね。だから休日でも無理にでも埋めようとします」

おそらく彼女は幼少の頃より、『空白不安症候群』を患っているのではないだろうか?

『空白不安症候群』。

この病は一種の精神な病で、彼女のようなスケジュールに仕事が入ってないと

「私は怠け者じゃないだろうか?」とか、「私はこのままで大丈夫だろうか?」などと

不安感を抱いてしまう病。

まぁ簡単に言うと、俗に言う“マジメな人”がかかりやすい病と言える。

まさに彼女のような性格の人が、かかりやすい特殊な病。

おそらく彼女はそれに気付かないままに、

幼少の頃から『退屈』という強迫観念と戦っていたのだろう。

「そうかもしれないですね。本当に『退屈』が耐えられないんです。高校生のときも暇つぶしで男友達とセックスしたり、援交とかしてましたからね。ダラダラしてられないんですよ。暇つぶしで万○きとかもよくしてましたし。今回の出演理由もお金ももちろんあるんですが、やっぱり刺激がほしいっていうのが1番ですね」

彼女はこの病のために様々な職業を転々としてきたようだ。

「同じ仕事を2年続けたことがないんです。どの仕事も慣れってあるじゃないですか?そうなるともうダメですね。1度、歌手として活動したこともあるんですが、意外にすぐ飽きてしまって……。歌うのは好きなんですけど」

どうやらとても深刻なようだ。飽きやすい性格などとは、全く訳が違う。

このAV出演が最高の刺激ではないとしたら、

次に彼女を満たすものとは一体、何なのだろうか?

それを考えて、僕はちょっと不安になってしまった。

作品名:熟撮り36 さやか 30才 ラブホ従業員

メーカー:シロウトTV

タイトルとURLをコピーしました