スポンサーリンク
スポンサーリンク

経験人数3人のスレンダーお姉さん れいな 22才 本屋アルバイトのハメ撮り!素人AV体験撮影62

シロウトTV
この記事は約3分で読めます。

れいな、22才。

岐阜から上京してきた彼女、どことなく控え目な性格だ。

現在は本屋さんでアルバイトをしている。

インドアな生活を好み、普段からあまりお家からは出ないという。

読書やインターネット、彼女の楽しみや暇つぶしは自分の部屋にあった。

そんな彼女と知り合ったキッカケは某有名SNSサイトでのこと。

メール機能を利用してたまたま彼女に連絡してみたところ、数日後に返信があった。

「少し不安とかありますけど、ちょっと興味を持ったので詳しくお話を聞かせて下さい。」と。

すぐさまこちらも返信をし、この撮影の日までこぎ着けることに成功した。

色々な話やインタヴューを交えていくうちに、彼女の今日に至る経緯が分かることとなった。

まず肝心な、どうしてこういったアダルト作品に出演しようと思ったのか問うと、

「本当に純粋な気持ちだけでの興味です。」と彼女は断言した。

「今まで恋人以外の人と、そういったエッチなことをした経験がないし、

雑誌やネットとか見てると色んな人の色んな経験談とか知れて、

そのうちに自分も一回くらいは体験したいと思ったんです。

だから、今回知り合ったSNSサイトとかを利用して

あまり怖くないような人と知り合えたらと思っていました・・・。

と彼女は淡々と話してくれた。

今までの恋愛経験は3人。

経験人数も3人。

そう、彼女は付き合った男性としかSEXをしたことがなかった。

今までの彼氏は、女子校に通っていたということもあり学園祭や通っていた塾で知り合ったという。

どれも男性の方からの強引なアプローチに押され付き合う方向へ行ったらしい。

どうやら押しに弱い「M女」のようだ。そんな彼女が今回、自ら興味を示したのは、

受動から能動への変化を遂げたかったのだと思う。

雑誌やネットから得た様々な情報を、

自分でも経験してみたいという「興味」と「冒険」の心が彼女に芽生えたのだろう、きっと。

「しっかりと受け止めなくてはいけない。」というある種勝手な使命感に駆られた私たちだった。

インタヴュー中は特に緊張の様子もなく淡々と話していた彼女だったが、

いざベッドルームへ移動し、男優が登場すると若干緊張してきた様子だった。

クリを触られると敏感になってしまうようで、すぐに「ぴちゃぴちゃ」と淫らな音を出し始める。

綺麗な淡いピンク色の乳首がみるみる起ち上がる。

男優の少し荒い強引な導き通りに彼女は動く。

激しい腰つきにより彼女はまるでお人形のように振り回されているようだった。

結局、彼女は「受動のままのスタイルを貫いた。私たちはそれで良かったと思っている。

きっとこの先も、男が導くままに彼女は「快楽」に溺れながらベッドの上で踊るのだろう。

それが彼女にとって一番の「幸せ」なのだと私たちは信じている。

作品名:素人AV体験撮影62 れいな 22才 本屋アルバイト

メーカー:シロウトTV

タイトルとURLをコピーしました