スポンサーリンク
スポンサーリンク

美巨乳の淫乱娘 西田ゆかり 25才 ショップ店員のパイズリ&ハメ撮り!素人AV体験撮影64

シロウトTV
この記事は約2分で読めます。

ここは東京都新宿区。

服屋のショーウィンドウを見ながら彼女は困っていた。

「この服可愛いけどお金が無い!!でも今買わなければ無くなってしまうかもしれない。今月ももうギリギリだけど、思い切って買ってしまおうか。うーん。でも・・・」

彼女にとってこんな経験は一度や二度ではなかった。

つい先日も3万円のブーツを買ったばかりだ。

今月はもう余計な物は買わないと決めていた。

「でも・・・次の給料日まであるか分からないし思い切って買っちゃえ~♪」

そうして気づくと買い物袋を下げていた。

いつもそうだった。日々バイトはしている。

しかし彼女はこの調子だ。

それだけの儲けでは全然足りなかった。

ブランドのバッグ、洋服、化粧品。欲しい物がありすぎた。

さらにお金が無くなってしまう理由がもう一つもあった。

彼女は毎週のように合コンをした。

毎回のように新しい服を着て行った。

胸元を強調した露出度の高い服。

Dカップの胸には自信があった。

男とは単純なものだ。

大抵の男子はそこに簡単に食いついた。

もちろんその夜はお持ち帰りだ。

他のメンバーと別れ二人っきりになる。

セックスは大好きだった。

いつも彼女からそれとなくホテルへ誘った。

最初こそためらいがあったものの、今ではなんとも思わない。

セックスはこんなに気持ち良いのに、どうして恋人とじゃなきゃ駄目なんだろう。

彼女は不満だった。

色々なセックスがしたかった。

そんな一般常識に縛られるのは嫌だった。

そうは言っても本当の所、自分の性欲を満たしたかっただけかもしれない。

だが、それならそれで別によかった。

恋人とする愛のあるセックスも嫌いでは無いが、一夜限りの男とする気軽なセックスも好きだった。

ホテル代はいつも大体割り勘だった。

そうして彼女のお金はどんどん減っていく。

そんな時、インターネットで発見したのがこの仕事だ。

普通にバイトをするよりも、短時間でかなりの金額を稼げるし、セックスまで出来る。

彼女にとっては夢の仕事だ。まったく躊躇する事無く応募を決めたという。

その大きなおっぱいで、今日はどんなプレイを見せてくれるだろうか。

彼女の淫乱さに期待したい。

作品名:素人AV体験撮影64 西田ゆかり 25才 ショップ店員

メーカー:シロウトTV

タイトルとURLをコピーしました